2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
北の可愛い動物たち
夏らしくない天候が続いていますが、皆さんのところは大雨、大丈夫だったでしょうか?

うちは主人と娘の短い夏休みを利用して、台風11号の北上と共に、北海道まで足を伸ばしてきました(*^_^*)
九州に居ると、北海道まではなかなか遠い感覚で、1度も訪れたことがない人も沢山います。
そういう私も実に20年以上ぶりで、結婚後は初めて!もちろん娘も初めてです。

今回はトマムの星野リゾートを主に、富良野、美瑛、旭川、札幌、登別辺りをレンタカーで周りました。

カメラと技術の力量不足もあり、あまり伝わらないかと思いますが、感動した風景の一部を観てください。

まっすぐの道路は走っていて気持ち良かったです!


美瑛ならではのパッチワーク模様の畑です。


美瑛の‘四季彩の丘’
ラベンダーは終わっていましたがサルビア、日々草などがきれいに咲いていましたよ。


そして富良野の‘ファーム富田’にいた時に、偶然にも大好きな虹を見ることができました。
しかもダブルで・・(*゚▽゚*)


しかも目の前の大地から虹が出ているようで感激でした(´∀`)



そして、今回のメインの一つ、‘旭山動物園’にも行ってきました。
さすがに人が多くて、人気のペンギンのトンネルなどは見れませんでしたが、色んな動物がいて楽しめました。
この動物園は行動展示の先駆けで有名ですが、肉眼でも近い距離で観察できましたよ。

写真も沢山撮りましたが、今回は特に私のツボだったものをピックアップしてみました。
(あっ、動物の正式名はきっと違うはずです。そして、たまに南の動物たちも出てきますが、お気になさらずに・・(^_^;)

寝顔が可愛い‘白くま’くん。


哀愁漂う‘ペンギン’くんの後ろ姿。


3mほどの高さの吊り橋を素早く渡る‘レッサーパンダ’くん。


正直、ぬいぐるみより可愛かった~♡


カメラ目線が上手な‘ヤギ’くん。


‘ヒツジ’くんのモコモコお尻♡


ごはんを囲んで一家団欒風の‘モルモット’くんたち。


きれいに並んだ‘ウサギ’3兄弟。(兄弟ではないかもしれませんけど・・)


気持ち良さそうに寝ている‘オオカミ’くん。


ちなみにこちらは、うちの気の弱いオオカミくん。
大きさでは負けてないけど、これでも同じイヌ科か??


無防備でヘソ天ポーズで寝ている‘ライオン’ちゃん。


こちらはうちのヘソ天くん。


仲良くお昼寝中の‘ライオン’夫婦(?)


こちらはうちのお昼寝中ニャンコ兄弟。


寝てると、私にはでっかいネコにしか見えない‘トラ’くん。


肉球もでかい!


こちらはうちのちっこい肉球。
大きさは全く違うけど、ライオンもトラも同じネコ科なのは納得(*^^)v


遠いと思っていた北海道・・・行きは福岡から新千歳空港までたった1時間50分のフライトで着きました(@_@。
広い大地に、可愛い動物たち、美味しい食べ物・・・すっかり北海道に魅了されて帰った私です。
こんなに近いのなら、いつかまた行けたらいいなあ!と思っています。

今回も長い旅話に、お付き合いありがとうございましたm(_ _)m


ポチして頂けたら更新の励みになりますo(^▽^)o
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ありがとうございますm(_ _)m


スポンサーサイト


 
雪の週末
昨日今日と福岡でも雪が降った。

積もる程の大雪になるのは福岡では珍しく、一冬に一回あるかないかの事なので、吹雪いている風景を見ていると何だか北国にいるような気がした。
(本当の北国の雪はこんな優しいものじゃないと思うけど)
DSC03512.jpg

パパは仕事だったため、娘と二人うちの中でぬくぬくとしていたが、久々に積もる雪に娘は大喜び。
二人でベランダの雪でちっちゃな雪だるまを作った。
寒いのも苦手な私、でもちょっとだけ‘冬’を楽しんだ週末だった。
DSC03522.jpg









 
宮崎の風景
久々のブログ更新。
GWの後半は宮崎に帰っていた。
今回はパパの運転する車で行ったので、前日から徹夜して焼いたパンなど、色々と準備したお土産と共に帰省した。

今回は実家の両親と宮崎県の最南端、都井岬(といみさき)まで足を伸ばし1泊した。
1日目はお天気も良く、太平洋を眺める海岸線はとても気持ち良い。
どこに行っても‘フェニックス’と‘ワシントニアパーム’と呼ばれるヤシの一種が宮崎には植えられており、これだけでいかにも南国~という雰囲気を出している。
DSC01790.jpg

途中、野生ザルのいる幸島(こうじま)が見える場所で降りた。
娘が望遠鏡で覗くと、島の岩場にサルが見えたらしい。ここから舟で島に渡ることもできる。
DSC01806.jpg

本当に最南端に建つ都井岬灯台。
灯台の中は誰でも上まで上ることができ、ここからは、ぐるり270度くらい水平線が見渡せ、地球が丸いことがよ~くわかる。
この日はあいにく霞がかかっていて、水平線がはっきりとわからないけど、ここからの眺めはいつ見ても絶景!
DSC01824.jpg

DSC01831.jpg

都井岬の野生馬、御崎馬(みさきうま)とも言われているが、今現在119頭いるらしい。
灯台の下の駐車場まで来ていた。
人がいてもこわがる事もなく、自由奔放に歩き回っている。
DSC01819.jpg

馬達は自分の好きな場所で、好きな草や蔦などを食べていた。
DSC01834.jpg

馬だけでなく、この辺りには野生のニホンザルも沢山いて、道路まで下りてくる。
自然の形態を守るために、人からは馬やサルに絶対エサをやってはいけない、となっているのに車を止めて食べ物を投げる観光客を見かけた。
そんなことをすると、中には車にひかれたり、人を襲うサルなどが出てくるのに・・・困ったもんだ。
DSC01839.jpg

こちらは次の日、宮崎市内に戻り、撮ったシーガイアのホテル、‘シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート’
以前、‘ホテルオーシャン45’の時代だった時に式を挙げた思い出のホテル。
当時は出来て間もなかったが、久々に近くで見るホテルは幾分古びて見えた。
あれから、確実に歳月が流れている証拠なんだな~とちょっと感慨深く眺めた。
DSC01857.jpg

今回は車だったので、宮崎らしい風景も堪能できて満足!
(私の下手な写真で伝わらないのがとっても残念ですが・・)

宮崎で行ったお店の紹介は次回のブログにて・・・(*^_^*)


 
パパの実家の穏やかな時間
今日は午後からパパの実家である柳川に帰った。
同じ福岡でもそこは、時間がゆったり流れているように感じる。

実家周辺には、いつも義母が植えたお花がきれいに咲いていて感心する。
写真は実家の前の道で、その横には掘割があり、たまには亀の甲羅干しが見られることも。
あたり一面、視界をさえぎるものが何もなく、穏やかな景色である。
こういう場所で生まれ育ったパパだから、あんなのんびりとした性格になったのだろうか。
そう考えると、妙に納得できてしまう。
DSC01763.jpg

そして、私達が帰ると、いつも一番に喜んで出迎えてくれる“タロウくん”
太郎

齢は5歳。パパが生まれた時からずっと犬を飼ってたそうで、タロウくんは4,5代目らしい。
散歩に連れて行くと、嬉しそうにはずんでいる。
今日はお土産のパンがなかったので、ごめんって謝っておいた。(そう、私のパンの失敗作や食べ残しは冷凍しておいて、タロウくんへのお土産になります^^;)

近いのに、なかなか帰れないけれど、今や私にとっても第二のふるさとにもなった場所。
義父がいなくなり、パパにとって、たった一人の親となった義母のためにも、娘が小さいうちにせっせと帰ってあげなきゃなあと思うのだった。


 
柳川の風景
昨日から一泊で,柳川にあるパパの実家に帰っていた。
柳川市は、位置的には福岡県の南側にあって、佐賀県との境目あたり。
有明海に面していて、ムツゴロウなどのちょっと変わった名物も多い。

今日は朝からあいにくの雨。
お土産を買って帰りたかったので、パパと二人で柳川の観光名所の一つ、
【御花(おはな)】へ。
ここは元々、立花(たちばな)藩の別邸で今も昔のままの佇まいを残している。
今日は雨で撮れなかったけど、中庭の日本庭園も風情があり有名。
DSC01719.jpg

今、柳川はお雛祭りの真っ最中で(柳川は旧暦でやるので4月3日まで)、先日ブログにも書いた、‘さげもん’と言われる伝統ある吊るし飾りを見に訪れる観光客も多い。
御花の中の大広間でもおひな様と‘さげもん’を公開しているけど、ここの数の多さといい、華やかさといい、お見事!って感じで、見とれてしまう。
この様に、今の時期は柳川のあちこちのお店や旧家で、おひな様と‘さげもん’がお披露目され、マップを見ながら‘さげもんめぐり’ができるようになっている。
DSC01704.jpg


DSC01712.jpg

‘柳川まり’と呼ばれる手まりも有名
          
DSC01716.jpg

御花からちょっと歩いた先の風景で、柳川独特の掘割。
川下りの終点ともなる、このあたりには、柳川名物のうなぎ屋さんやお土産屋さんが立ち並ぶ。
北原白秋の生家もこの近く。
               
DSC01734.jpg

川下りも有名で、どんこ舟に乗り合わせたお客さんは40分ほど船頭さんの語りや歌を聞きながら、まわりの景色を楽しむ。
シーズンなので雨の中でもみんな雨ガッパを着て川下り。
               
DSC01730.jpg

こんな歴史があり、情緒あふれる柳川は大好き。

実は、この柳川に初めて訪れたのは、今のパパと(あれ?いや別に前のパパはいないんだけど・・^^;)結婚する2~3年前だった。
来たのは残念ながらパパとではなく、大学時代の女友達。
まだパパとは、宮崎で、ただの仕事仲間という間柄の頃、私はたまたま友達と柳川に遊びに行く計画を立て、柳川出身のパパに「今度柳川に行くんですけど、どこがおすすめですかあ?」と訊いて、うなぎの老舗など教えてもらい、行ったのが最初だった。
その時は、まさかパパと結婚するなんて思わず、当然、柳川の嫁になるなんて、これっぽっちも考えていなかった。

十○年前は他人だった人や全く知らなかった土地が、今やだんな様となり、ずっとお付き合いする地になるなんて・・・
運命ってホント不思議だね。
あの時に友達と柳川を訪れたのは、未来の予兆だったのかしらん?
もし行き先が柳川じゃなかったら、私の今が変わっていたりして・・・
(いえいえ、決して後悔しているわけではないのですよ~(^_^;))

また、柳川には美味しい食べ物やお土産品もたくさんある。
うなぎに(柳川はドジョウではないのですよ~)、磯の香り豊かな海苔に、美味しい和菓子に・・・などなど・・その紹介は、また追々と。
でも、そんな美味しい食べ物に釣られて柳川の人と結婚したわけでもないのであしからず・・一応パパの名誉のために・・
(実は、パパと二人で柳川名物の一つ‘うなぎのセイロ蒸し’を食べて帰ったけど、写真をどうやら消してしまったみたい・・・^^;またの機会にご紹介します!)

‘御花’の情報はこちらをクリック

御花


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。