2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
梅酢ドリンク・・・その後
2日前から娘も楽しみにしていた夏休みに入りました。

小さい子供を持つお母さんは皆さん、昼ごはんの準備などから夏休みは大変と言われます。
確かに普段のペースとはちょっと違いますが、うちでは娘が高学年になった2年前ほどからは私も楽しみとなりました。
平日に一緒にバーゲンセールに出かけたり、二人だけで外でランチを食べたり、たまには映画を観たりと結構一緒に楽しめるようになってきたからです。
今年は娘も塾の講習があったりと今までより忙しくて、私に付き合ってもらう?時間も減りそうですが、普段できないことを何か一緒にできたらいいなと思っています。


そして6月のブログでUPした‘梅酢ドリンク’のその後です。
確か、飲めるようになるまで3ヶ月程かかるような事を書いた記憶があるのですが、梅酒と違って1ヶ月後くらいから飲めましたね。
ぱっちりしていた梅もこの通り、エキスが出切ってシボシボになりました。
でもこの梅を食べるのも美味しくて好きなのですが・・。
DSC05656.jpg

原液はとても甘いので、ソーダで割ったらスッキリ飲めます。
ワインの空き瓶に移したら3本以上できましたが、義母などにおすそ分けしたら、きっとあっという間になくなるでしょうね。
DSC05666.jpg

福岡も、梅雨明けの後は毎日ずっと暑い日が続いています。
皆さんもどうぞ体調崩されませんように、楽しい夏をお過ごしくださいね。



スポンサーサイト


 
梅の季節
今日は‘梅雨’らしく、ほぼ一日中雨でした。
そして、梅雨と言う通り、今は梅のシーズンです。

今年は2年ぶりに‘梅酢ドリンク’でも作ろうと思い、和歌山産の南高梅で3Lという大きめの、それもちょっと黄色く熟しかけた物を2㎏買い込みました。
作り方は簡単、容器に梅と氷砂糖と交互に入れて、食用酢を入れるだけです。
私の作る分量は、梅1kgに対して氷砂糖が800gほど、酢が100~150mlくらいです。(砂糖と酢の量は好みや梅の熟し具合で加減していいと思いますが)
飲み頃は3ヶ月後くらいから、氷砂糖が全て溶けた後、丸い梅がシボシボ(?)になるくらいまで果汁が出切ったら、美味しく飲めます。
原液では甘すぎるので、氷水や炭酸で割って飲むと、暑い夏にもさっぱりと飲めて、体もシャキッとします。

DSC05516.jpg

酢は普通の穀物酢や米酢でも十分美味しくできるのですが、今回は宮崎の<赤江酢本舗>のおいしそうな醸造酢を買っていたので使ってみました。
DSC05538_20100618220220.jpg

さてどんな味に仕上がるのか、ちょっと楽しみです。
梅がシボシボになった頃、またUPしたいと思います。


 
美味しい季節
朝晩冷え込んで来ましたね。
私の大好きなキンモクセイの香りも終わりに近づき、これから秋本番という感じです。

先週末は主人の実家の稲刈りに手伝いに行って来ました。
刈る田んぼの広さは義父が健在の頃より、だいぶ狭くはなっているのですが、やはり家族総出で半日がかりの作業になります。
(といっても私の担当は台所専門なので稲刈りはしていないのですが・・・)
刈る前の稲穂のそよぐ光景もまた秋らしい風景でした。

そして秋といえば美味しい物の話題ははずせません。
先日、お友達に安納芋を頂いたので、初めてオーブンで焼き芋にしてみました。
220~240℃で15~25分程焼くと、皮の少し焦げた香ばしい香りがしてきます。
食べると甘みが凝縮された感じで、まさに買う焼き芋と同じ味がしました。
いつもゆでるか蒸すかしかした事がなかったのですが、焼くのは手軽な上に美味しくてオススメです!

奥に見える柿は、主人の実家の庭で今年豊作だった柿です。
中にゴマ(黒い点々)が入っていて程よい甘さの素朴な味です。

こんな風に秋は美味しい物がたくさんある季節。
密かにダイエット中の私にとっては(といっても年中宣言しているので私の周辺は聞き飽きていると思うのですが・・・)これからの季節は嬉しい半面、葛藤と戦う季節でもあるのです。

IMG_2378.jpg



 
夏休み直前ランチ
娘の小学校の終業式を早くもあさってに控えて、今日はお友達3人とランチに行きました。
みんな娘の幼稚園時代からお付き合いさせて頂いている気のいいママ達です。
その中のお一人、いつも美味しいお店を調べてくれるUさんが、今回のランチの店も予約してくれました。感謝です
『Sala Carina(サーラ カリーナ)』
浄水通り近くの閑静な住宅街の中にあるおしゃれなイタリアンのお店です。

ランチコースは3種類ほどあるみたいですが、今回は2500円のコース。
前菜はリコッタチーズとアンチョビが入った熱々のパイです。
DSC03974.jpg

バジルのスパゲッティ。
大好きなバジルと夏野菜がたくさん入っていて嬉しいパスタでした。
DSC03975.jpg

白身魚(名前を言われたけど、忘れました^^;)のフライを添えたサラダ。
DSC03976.jpg

デザート3種。
DSC03977.jpg

趣向を凝らした美しいお料理の数々で、もちろん味も満足でした。
久々にオシャレなイタリアンの店で過ごした優雅な時間、たまにはいいものです。

そして、この店のすぐ近くにこれまたおしゃれなパン屋さん『ブーランジェリー レスト』があり、こちらも初めて入るお店で、パンもしっかり買い込み帰りました。

いつもながら家族の話などで盛り上がり、時間を忘れて楽しんだひととき、こんな時間は子供の夏休みの間しばらくはお預けですね。


 
ピザとパスタの店
油山(あぶらやま)の麓に山小屋のような趣のカフェレストランがあります。
つい最近、知人から連れて行ってもらったお店だったのですが、雰囲気と料理が気に入ったので、家族を連れて週末にまたランチを食べに行ってきました。
町中からちょっとだけ外れただけなのに日常の喧騒から離れた感じのお店です。

そのお店は『ピノキオ』、ピザランチとパスタランチのみ(各1200円)のお店です。
すぐ隣には手作り釜で焼くパン工房『マドカ』があり、レストランと共に週半ばから週末にかけてのみの営業です。
レストランもパン工房も家族でされているようで、パンはちょっと年配のご主人が焼かれている様子。
DSC03957.jpg

店内には本物の薪ストーブがあり、さりげなく生けられたアジサイの花も素敵です。
DSC03952.jpg

この日はパスタランチとピザランチ両方を注文しました。
ランチのいずれもサラダ、スープ、自家製パンがついてきます。
DSC03945.jpg

パスタとピザは週替わりで、この日のピザは‘ひき肉とバジルのピザ’
釜で焼いたピザだと思うのですが、生地もなかなか美味しいです。
DSC03946.jpg

パスタは‘豚のくんせいとトマトのパスタ’
DSC03949.jpg

300円プラスでプチデザートとコーヒーが付けられます。
この日のデザートは‘白玉の自家製あんこ添え’といった感じ。
DSC03951.jpg

窓からはハーブ畑のような自然の庭も見えて、くつろげます。
こういうお店のように週半分だけ、とか週末だけというようなゆるいペースでやっているお店って、ちょっと憧れですね。
私も老後に?パパと娘とでこんな店ができたらきっと楽しいだろうな、とつい思ってしまいました。
もちろんパパも娘も気に入ったみたいで、我が家のたまに寄りたいお店の一つに加わりました。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。