2008/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
今日もまたまたパン~♪
訂正とお礼
あれれ・・?きのう見た記事がないぞ~?と不思議に思われている方へ・・
きのうの夕方、私には珍しく早目に記事を書いて、更新していました
それもちょっといつになく感傷に浸って、つらつらと・・
出張から帰って来たパパがそれを見て、「内容が全然いつものタマらしくない!ボクがいないから、落ち込んでいたんでしょう~」などと、妙な勘違いもされ(まあ一笑して済ませましたが)、思いっきり否定されたので、結局削除させて頂きました
ご賛同頂いた方、ありがとうございました
逆にどんな内容だったか、知りたいって・・?へへ・・無理ですよ~!
やっぱり私は食べ物ネタが一番合っているみたいです(^^)v




ということで、今日もパンのお話。
今日はパンスクールの特別講習に出席。

月一回の教室以外は、スクールには行かないのだが、今日のパンがあまりにも美味しそうだったので、つい受講してしまった(*^^)v
‘キャラメルナッツカップ’
甘いやわらかいパン生地の中にキャラメルコーティングしたカシューナッツとカスタードクリームが詰まっていて、マンゴーとブルーベリーのトッピングという、色々な味や食感が一度に楽しめるパン
DSC01508.jpg

‘ごまデニッシュ’
その名の通り、サクサクの甘いデニッシュ生地に香ばしいゴマが巻きこまれているパン
DSC01509.jpg

今日も、美味しいパンを食べられて(いや、ちがった!習えて)良かったあ~!
スポンサーサイト


 
楽しい再会
今日、懐かしいお友達二人と会う時間が持てた。
二人とはそれぞれ、2年と4年ぶりくらいの再会である。
友達、と言わせてもらっているけど、私よりちょっとだけ人生の先輩にあたる女性、お二人。

出会いは、さかのぼって10年以上前。
手話の初級講座の教室だった。
私はずっと興味があった手話の講習を、結婚してやっと受講できた時である。
三人ともその先の講座も一緒に受け、手話の会にも入って、ろうの方との交流も楽しんだ。
そして奇遇なことに、三人とも同時期に大阪転勤になり、向こうでもたまに会ってはおしゃべりした。
今は一人は関東に住み、もう一人は私より先に福岡に戻られて、今日は福岡での三人の再会となった。

私は大阪から福岡に戻るのを機に手話の勉強から遠ざかったけど、今日お会いした一人は、その後も通訳士を目指し、今でも福祉関係のお仕事をされている。

年数を経て会うお友達は、以前とちっとも変わりなく、まるでいつも会っているかのように、おしゃべりし笑い合った。
本当に気が合う友達って、こんな感じでいつ会っても変わらずに、温かく迎えてもらえるんだなあと実感して嬉しくなった。
いつになるかわからないけど、次回の再会をまた楽しみにしておこうっと

おいしい食事と共に、心地よい時間が流れたひとときだった。

ちなみに一人の友達は、面白いこと大好き人間。
ん・・どこかにもいたような・・?
ブログの話をしたら、ネタになりそうな話をまた教えてくれるそうな・・・ふふっ、楽しみ

お二人から頂いたかわいいお雛様のお人形、と思ったら実は食べられるお菓子
DSC01522.jpg



今日ランチしたお店は【クッチーナ・カルド】
住宅街の中の隠れ家的なイタリアンのお店
以前から行ってみたかったお店を友達が予約してくれててウキウキ
店はこじんまりしているが、ランチも美味しかった
       写真をクリックすると大きくなるよ
DSC01503.jpg

料理名は忘れてしまったが、ケッパーやナスが入った、トマトソース味のパスタ
スパゲッティーの麺が自家製らしく、いつものツルッとした感じは全くなく、初めて食べる食感!
DSC01501.jpg

クッチーナ・カルド  お店情報はこちらをクリック


 
オメデトウ!
今日は娘の9回目の誕生日。

DSC01496.jpg

パパは出張中なので、二人だけで晩餐。
メニューは、エビグラタン、鶏の唐揚げなど、娘の大好物を集めた。

そしてお楽しみのケーキ
ケーキはここ3年、娘のリクエストにより、毎年‘ホワイトチョコケーキ’
プレーンのスポンジ生地に生クリームをサンドし、トップは生クリームとホワイトチョコでコーティング。
飾りは桃の花をかたどったピンクのチョコとバースデイプレートでシンプルに。
ローソクもパステル調で娘らしく(?)まとめてみた。
デコレーションはいまいちだったけど、娘は「美味しい!」と言ってくれたので、まあ良かったかな・・

リクエストのプレゼントにも、とても大喜びし、母子二人での誕生パーティーも楽しく終わった。
前に、誕生日にはパパ不在と聞いた時に半泣きだった娘も、今夜終わってみて「お母さんと二人でもさびしくなかったよ~!」と言ってくれたのが、何より嬉しかった。

以前、娘の学校の先生から聞いたお話で記憶に残った話がある。
子供は成長して大きくなったように見えても、、齢に一つ、二つと、「つ」が付いているうちはまだ小さいんですよ。十分甘えさせてあげてください、と。

娘も春から4年生といっても、まだ九つ。
私も今まで「もう3年生でしょ!」とか、「今度4年生になるんだから・・!」と言ってしまうことが、ついあったけど、これからの1年、娘がもし甘えてきたら、惜しみなく受け止めてやろうかな・・?と思う誕生日の夜だった。


<今日のパン教室>今日はお休みされる方がいたので、補講という形でお一人の生徒さんとの教室。
二人で、ランチ気分でおしゃべりを楽しんだひとときでした。
ベーシックコース1回目のメニュー
‘マヨネーズパン’
DSC01485.jpg

‘クリームパン’
今日は自家製のカスタードクリームを詰めてみました
(生徒さんからは‘猫の手’のようとも^^;)
DSC01487.jpg


 
えらい!かわいい!クロワッサン
<今日のパン教室>バラエティーコース4回目
今日もショップやブログやお花の教室のお仲間である、お二人とパン作り。

今日のメニューの一つは‘クロワッサン’
作り方はバターをパン生地にはさみ込み、折っては伸ばし、折っては伸ばしをくり返す。
最終的にバターと生地の層が27層できて、焼くとあのサクサクの食感になる。
そのバターの層をうまく作るためには、バターが溶け出さないように、作業する部屋の温度を低くしておく必要があって、今の寒い時季がちょうどいい。

今日も、生徒さんの伸ばし方も上手く、美味しくできた。
手の中の小さいパンの中に、見えないバターの層が27層もできていると思うと、クロワッサンってえらい!と思えてくるし、何かかわいくも見えてくるから不思議
DSC01482.jpg


もう一つのパンは‘バタークーヘン’
ハート型に焼けたパンを並べると、まるで四葉のクローバーのようでこれまたかわいい
DSC01474.jpg

スイーツは今月のおなじみさん、おひな様の和菓子。
今日は‘結婚披露宴:若い二人を後ろで祝福する、仲人夫妻と親族一同’といったところ?
へへ・・また遊んでしまった(*^^)v
DSC01473.jpg



<タマの美味しいたから箱>
久々に、このコーナー復活って感じです
今日は【ルピシア】の季節限定の紅茶(冬季のみ)
お気に入りの‘CAROL(キャロル)’と‘FANTASY(ファンタジー)’です
DSC00974_20080226232416.jpg

‘CAROL’はバラの花びら入りで、ストロベリー、ココナッツなどの甘~い香りのする紅茶
‘FANTASY’マリーゴールドの花が入って、これまた心地いい香りがする紅茶
教室で試食の時に淹れてお出しすると、ほとんどの生徒さんから「いい香り~!」「美味し~い!」と言って頂ける紅茶です
今日も褒めていただいて、気を良くしてUPしました!

ここの紅茶は何でも美味しいのですが、フレーバーティーだと、‘ゆめ’、‘ダルマ’なども香りが良く、ネーミングでも楽しめるので、ちょっとしたプレゼントにもおススメです
ルピシアお店情報はこちらをクリック
    


 
やっぱりカッコイイ!
タイトルは決してパパのことではない!(そんなに強く断言しなくても・・という声がどこからか聞こえそうだけど、やっぱり初めに断言しておこう)

へへ・・今日は私が毎年楽しみにしている、アカデミー賞授賞式の日

今までは、後日放送されるダイジェスト版を見るしかなかったけど、今年はwowwowで念願の生中継を見れる!
それだけでも加入した甲斐(?)があったというもの!

今年は、予算の関係などで超話題作はなかったようだが、それでもノミネートされた俳優陣はそうそうたるメンバー。

会場に入るまでのレッドカーペットを歩くスターの貫禄もすごいし、女優さんの豪華なドレスを見るのも楽しみの一つ。
最近は日本人のノミネートも珍しくないが(今年は浅野忠信)、やはり、どう見ても貫禄負けしている。

私は映画は好きだけど、俳優に詳しいわけではない。
でも、去年、『クィーン』で主演女優賞を獲った、ヘレン・ミレンだったり、『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガーだったりと、魅力的な女優さんの素顔を見れるのは楽しい。
それに何十年と参加し続けているジャック・ニコルソンもスゴイ

また司会者となる俳優は、さすがユーモアにあふれ、スマートなアメリカンジョークも面白い。

そして、何と言っても、毎年感動してしまうのは、受賞した俳優が舞台上でコメントを述べるシーン。
受賞者が、出演した映画監督や共演者にお礼を述べるのはもちろん、自分の妻や子供の名前を挙げて、感謝の言葉や「I Love You!」を、さらっと言ってのけるのだ。
こんなこと、日本人には絶対言えない。
いや、たとえ真似て言ったとしても絶対サマにならない
そのかっこいいシーンを見る度、一度でいいから自分の名前を呼ばれてみたいものだと、夢のようなことを考えてしまう私(^_^;)

やっぱり、ハリウッド界もハリウッドスターもカッコイイ~!と今年も酔いしれてしまった

それにしても、同時通訳の声が、本人とは全く違う抑揚のない声で棒読みなところが、どうしても気になった私・・まあこれが生中継ならではの醍醐味(?)なのよね・・きっと

書き終えて、初めから読み返したら、パパの前フリは別にいらなかったみたい・・
まあ、いいかぁ・・パパも登場したいだろうし・・(でも内容が・・^^;)


 
寒空でリフレッシュ
きのうに引き続き、ハウステンボスで一日過ごす。
青空が覗いたかと思ったら、雪混じりの雨が横から吹いてくるという、変なお天気。

しかし、寒い中でも、娘のフットワークは軽く、午前中から早速、木靴の絵付け体験をすると言う。
娘はこれがお気に入りで、今回でなんと3回目のチャレンジ。
いつものことながら、今日も1時間半ほど、じっくり時間をかけて木靴を完成させた。
柄はやはり、‘ミッフィーちゃんと、オランダ風車’。
        写真をクリックすると大きくなるよ
DSC01455.jpg

昼食は、行くと必ず立ち寄る店、‘ピノキオ’
ここは石釜で焼くピザと、スパゲッティがとっても美味しい!
今日は‘ピノキオ特製ポテトとベーコンのピザ’を注文。
生地の味と食感が何とも言えない。
DSC01460.jpg

園内は3月からの‘チューリップ祭り’のために植えられている花々で彩られ、どこも綺麗!
DSC01444.jpg

チーズケーキやソーセージ、おつまみ用のチーズに園内オリジナル焼酎など、いつものお気に入りのお土産も抜かりなく買って、帰途に着いた。

帰ってから、娘が、「今回のハウステンボスで一番楽しかったのは‘ミッフィールーム~’お母さんは何だったあ?」と嬉しそうに言う。

「ん~?お母さんもミッフィールームかな!じゃあ、お父さんは?」と隣のパパに振った。

ちょっと小声でパパ「お父さんも・・・ミッフィールーム・・」

え~っ!パパにはお世辞でも似合わないミッフィールーム、でもやっぱり気に入っていたんだあ!
家族三人、笑いでしめくくった、楽しい小旅行だった。

きのうと今日のリフレッシュで、今回主役の娘だけでなく、パパと私も明日から1週間、また頑張れるかな・・?



 
ハウステンボスにて
今日は、長崎のハウステンボスからUP。
娘の誕生日を4日後に控えているので、娘が大好きなハウステンボスで前祝いをしようということで今日やって来た。

そして、今回泊まっている部屋は、園内にある、ホテルアムステルダムの一室、‘ミッフィールーム’。
その名の通り、部屋のドアの前に描かれた絵に始まり、部屋の中のあらゆる物がミッフィーばかり!
カーテンやベッドカバー、壁の絵はもちろん、タオルやバスマット、ティーセットにいたるまで小物のほとんどがミッフィーだらけ!(娘よりも、幾分興奮して写真を撮りまくる母^^;)
      写真をクリックすると大きくなるよ
DSC01380.jpg

DSC01372.jpg

DSC01374.jpg

DSC01376.jpg

DSC01375.jpg

DSC01441.jpg

赤ちゃんの頃は私の趣味で娘の小物はミッフィーグッズで揃えていたのに、娘が好きなキャラクターができると,すっかりミッフィーちゃんグッズからは遠ざかっていた。
そして最近はちょっとお姉さんブランドを好んでいる娘も、今日ばかりはさすがに大喜び!
私ももちろん、なぜかパパまで楽しんでいるようにみえる・・(?)
DSC01434.jpg

夕食はホテルデンハーグ内のレストランで。
ここでも、娘の誕生日のことを話すと、料理長のはからいで、娘のデザートを誕生日バージョンにしてもらえたり、大満足の夜。
DSC01409.jpg

また暗くなると、街中がイルミネーションで彩られ、本当にきれい!
DSC01395.jpg

こういう日常から離れた景色が、ここのいいところなのよね~と、つい酔ってしまう。
部屋からの景色も
DSC01436.jpg

うちの家族はハウステンボスの年間パスポートを持っていて、年に2、3回ふらっと車で訪れる。
ここに来ると、私はホテルでゆっくりしたり、買い物したり、美味しいものを食べたりして楽しみ、パパはたまに早朝の釣りやカヌー体験を楽しむ。
娘は娘で、プールで遊んだり、子供が遊べるブースに行って楽しんだりと、それぞれが結構満喫している。
こんな感じで、家族みんなのリフレッシュの場になっているハウステンボス。
明日も寒いらしいけど、ちょっと散歩でもしてみようかな・・?


 
女8人寄れば・・
今日は、お友達と8人で、1台の車にみんな乗り込み、格安お買い物&ランチツアーへ。
まずは、友達の一人が、いつもはお仕事している雑貨屋さんへ。
お店の名前は‘Small Garden’かわいい小物や雑貨が市価より、とっても安く置いてある。
DSC01365.jpg
このかわいいカゴ、在庫処分品らしいけど、お友達と一緒のおかげもあり、なんと420円!
ちょっと脱いだパジャマを入れといたり、子供のおもちゃ入れを入れたりなど、使い道は色々ありそう・・

次は‘食器のクワノ’へ。
ここは日常使いの食器類から、業務用の厨房用品まで、何でも揃っていて、しかも、どれも市価の2,3割引きというお値段!
また、ゆっくり時間をかけて見に行きたいお店。
クワノお店情報はこちらをクリック

そして、今日のツアーのメイン(?)のランチへ。
お店はフレンチの店‘Bistro et vin Choux(ビストロ・エ・ヴァン・シュー)’
DSC01363.jpg

ランチコースは800円と1500円があって、うちら8人衆は
1500円をチョイス!
DSC01358.jpg
 ‘かぶの冷製ポタージュ’
かぶの甘味に生クリームのコクがプラスされて美味
DSC01360.jpg
肉料理の‘糸島豚スペアリブとキャベツのトマト煮’
お肉や野菜が盛りだくさんのプレートだけど、私のは他の人よりなぜか特盛(やはり人を見られた・・?)
お肉は柔らかかったけど、付け合せが皮付きの里芋や皮付きの玉ねぎだったり、筋が取ってないスナップえんどうだったりで、調理がちょっとワイルド気味
多少食べにくかったので、女性には、もう少し細やかさがあるとウレシイかも・・
DSC01361.jpg
デザートの‘マスカルポーネとキャラメルのムース’
なぜか、ケーキの一番下の層になるコーヒーゼリーが付いている人と付いてない人がいて、みんなでまた大盛り上がり!(ちなみに私は付いてなかった!(・・;)お肉でいい思いをした分、差し引き?)

1500円のコースは他にオードブル、お魚料理、コーヒーも付くフルコース!
一つ一つのお料理の量もちゃんとあるので、このお値段でフルコースはお値打ちだと思う!!
ビストロ・エ・ヴァン・シューお店情報はこちらをクリック

でも女性が8人も集まれば、料理のボリュームが違うとか、何が入ってない、といった話題でみんなワイワイ、大笑い!
お店の人にも丸聞こえだったかしら?(こうは書いても、決してみんな年齢的にも、おばさんは入ってないんですよお・・とフォローしてっと
そんな時間が私達にとってリフレッシュの場になるんだから、お店のお兄さん方も、許してね~

それにしても久々の友達とのランチ!楽しかったぁ
また、みんなで、ツアー組んで、お買い物したり、美味しいもの食べに行きたいな。
(決してクレームツアーじゃなく、リフレッシュツアー・・ね

今日のツアーの、バスならず大きな車で、みんなを乗せてくれたOさん、ありがとう

そして今日のランチのお店を勧めてくれたA子ちゃん、Kさん、Mちゃん、ありがとうね



 
さげもん
今年もひな祭りの季節がやってきた。
DSC01285.jpg

うちのパパの田舎は福岡県の南に位置する柳川市。
その柳川のひな祭りには、江戸時代から今に伝わる、‘さげもん’
という独特の吊るし飾りがある。
DSC01355.jpg

柳川の女の子の初節句には‘さげもん’や‘柳川まり’と言われる手まりを身内が作り、お雛様のまわりにたくさん下げて、盛大に祝うという風習がある。
うちの娘が初節句を迎えた時には、大阪にいたので、義母が1年がかりで‘さげもん’や手まりを、すべて一人で作ってくれた。(母親の私は一つも作っていないので、ただただ感謝^^;)
その数の多さといったら、10畳ほどの部屋が雛壇と‘さげもん’ですべて埋まるほどだった。
DSC01326.jpg
義母が作ってくれたのは‘さげもん’だけでも4対分ほどはあったと思う。
(本来、‘さげもん’は同じものを対で飾る)
そのうち、半分ほどを頂いて、毎年、うちのひな飾りに加えている。
      写真をクリックすると大きくなるよ
DSC01302.jpg

DSC01300.jpg
一つ一つの飾りは、ちりめんなどの素材で丁寧に作られている。
鶴、ねずみなど、縁起物が多いのだが、義母は娘のために、ミフィーちゃん、キティちゃん、ピカチュー、ドラえもんなどでも作ってくれた。
飾りの数は7個を7列で49個、これは人生50年といわれた時代に、女性は一歩引いて49年と配慮していたらしい。
さらに、まん中の‘特大まり’2個を足して51個とし、人生50年を1年でも長生きできるように、という願いも込めているらしいので、やはりいつの時代も女性はしたたかかも・・。
DSC01288.jpg

DSC01331.jpg

DSC01318.jpg
ひな人形は、七段飾りではなく、狭い場所でも飾れるようにお内裏さまとお雛さまの二人だけのシンプルなもの。
DSC01340.jpg
‘犬ばこ’(結婚祝いに頂いた物だが、京都では、おひな様の傍らに飾るというので、毎年出している)

柳川では、おひな祭りを旧暦でする。
この時季、地元は水上パレードや旧家の雛飾りのお披露目など、町をあげて盛り上がる。
毎年、必ずテレビのニュースにも取り上げられ、今朝もちょうど、福岡の番組で柳川の特集をしていた。
ひな祭りを通して、古い伝統の良さを感じるこの季節、我が家でも4月3日までゆっくり楽しもうと思う。

ブログの読者(?)の方で、義母の力作を実際にご覧になりたい方はご一報を・・拝観料は取りませんよ~
また、写真急いで撮って、ちょっとピンぼけなので、後日ちゃんと撮れたら差し替えておきます。
興味のある方は、またのぞいてみてくださいね


 
女性のヒンカク
先日、昨年ベストセラーになった『女性の品格』(坂東眞理子著)を読む機会があった。

そこには、女性の日常において、結構タメになることが書かれていたと思う。
そこで、読んだ印象を私なりに、ちょっと書いてみたい。(坂東さん本人の文章ではないし、違う捉え方をする方もいると思うので、あしからず)
        
今の世の中、男女平等と謳われ、女性らしく、男性らしくという言葉も禁句になりつつある。
だから「女性の品格」と聞くと、一見、差別用語みたいで、嫌う女性もいるかもしれない。

けれど、この本で書かれている「女性の品格」というのは、そういうのじゃない。
単なる見かけの上品さとか、プライドというものではない。
その奥には、女性が古くから大事にしてきた風習であったり、女性にしかできない気配りであったり、という深い意味が含まれている。

私自身、男女は、身体も思考回路も全く違う人種だと思っている。
だから、すべてが平等というのも無理があると思う。

そこで逆に、男性には真似できない、女性ならではの綺麗な仕草とか、心配りだったりと、もっと大切にしなければいけないものが沢山あるんじゃないかなあ、と思う。

引いては、それが女性の誇りにもなるし、女性の地位を保つことにもなるのでは、と。

そして、この本には、今すぐ生活にちょっこっと取り入れられそうな、日常のヒントもたくさん書かれている。その一部をご紹介。

‘人から何か贈り物された時など、葉書に簡単な一言でも良いので、早目にお礼状を出す’
(確かにメールや電話よりも心がこもっているようで、受け取るとウレシイ!)

‘人から何かをもらった、励ましの言葉をかけてもらったなど、誰かからの好意が嬉しかった時に、その感謝の気持ちを、自分なりの『サンキューブック』に書き込む’
(こんなノートを作っておくと、落ち込んだ時に開けば元気がもらえるかも・・’

この様な、日頃のちょっとしたことでも「時間がない」を理由に、なかなか出来ないことを、さり気なくできる女性になれたら素敵だな、と思わせてくれた一冊だった。


<今日のパン教室>
バラエティコース4回目
メニューは“クロワッサン”と“バタークーヘン”
今日の生徒さんは、福岡で教室を始めた当初から通って頂いている方々です
前回、生チョコを失敗し、今日無事リベンジできました(^^)v
そんな抜けた指導にもかかわらず、やめずに来てくださることに感謝です

DSC01278_20080221002931.jpg
初めて教室で焼いた“クロワッサン”
時間もかかるし、内心どうなるかなあと思いながら作りましたが、どうにかクロワッサンっぽくは焼けました。ホッ

DSC01270.jpg
今月のスイーツの“和ぁ!おひな様”
ぎゅうひに黄味あんが包んであります
先日の試作と違って、淡い色合いにできて成功!

DSC01272.jpg

一口サイズが食べやすいかと、一口ぴなをいっぱい作りました
でも、みんな並べてみると、‘合同結婚式’みたい!(ちょっと前にどこかの宗教であったっけ)
そして、おだいり様とおひな様をみんな向き合わせると、‘合コンパーティー’
おひな様だけ並べるとまるで‘大奥’
などと言って、つい生徒さんと遊んでしまいました(*^^)v


 
母からの荷物
今日、実家の母から荷物が届いた。
DSC01260.jpg

このように時折、宮崎の実家から荷物が届く。

私の誕生日にはもちろんのこと、パパや娘の誕生日、はたまた、この齢になっても、今だにクリスマスや子供の日のプレゼントまで送られてくる。
大学時代に上京していた時や、結婚して実家を離れた今でも、母からの荷物は送り続けられている。

その度に、電話でごく普通に「ありがとう」とは言っているけど、考えてみれば、これは、親が健在な証拠であって、とっても有難いことなんだなあと最近思う。

今まで、ブログに母の話を書くに到ってないけど、実家の母は、私に似ず(?)実に‘良妻賢母’そして、‘昭和の母の鏡’のような人。 

昨年、喜寿を迎えたというのに(これを言うと嫌がる)家事全般はもちろん、始終パワフルに動いていて、母のダラけた姿を一度も見たことがない。

そんなしっかり者の母からの、今回の荷物のメインは
娘への誕生日プレゼント。
何でも早目にしないと落ち着かない母は、必ず誕生日の
1週間前には、送ってくる。
DSC01262.jpg

それにしても、母からの荷物はいつも、すき間がないように、
きっちりときれいに物が詰められている。
今日も、娘が喜びそうなお菓子や、頂き物の食料品、それに
加え今回は、父がバレンタインデーに頂いたチョコのおすそわけまで入っていた
DSC01263.jpg

今回も、“明日からも頑張ろう”と元気をもらう、ありがたい
母の荷物であった。


 
赤ちゃんのプニプニ~
今日開いたパン教室に、生後2ヶ月の赤ちゃんが来てくれた。

その赤ちゃんのママとは、9年前に、娘を妊娠した時に通った、マタニティスイミングで知り合ったお友達。
その時にそれぞれのおなかの中にいた、彼女のご子息とうちの娘は4日違いで産まれ、入院中のお部屋も隣同士だった。
しかも今は子供同士、同じ小学校で同じクラスというご縁がある親子なのだ。

その彼女に昨年末、二人目となる女の子が産まれた。
私は、彼女の9年振りの快挙に祝福と応援のエールを送っている。
その赤ちゃんを今日初めて、パン教室に連れて来てくれて、私としては大歓迎!

用意していた、二つ折りの大人用のお布団に寝かせると、半分も場所を取らない。
なんて小さいの~!!
スヤスヤ寝ている顔も、起きる時にゴソゴソする感じもすぺてカワイイ

抱っこさせてもらったけど、あまりにも久々のことで “ん~、抱き方忘れたあ~”って感じでちょっとぎこちない私。
でも、あのプニプニしたホッペや、ほのかに香る石鹸やミルクの匂い、癒される~
自分の子供の小さい頃って、ついこの間なのに、すぐに忘れてしまうものよね。

“こんな時もあったんだよね~”と、懐かしく幸せな気持ちにさせてもらえた、今日の教室だった。
N子ちゃん、赤ちゃんのKちゃん、ありがとうね



<今日のパン教室>
今日はベーシックコース5回目の教室
みんなが赤ちゃんのお母さんみたいになり、にぎやか、且つなごみの時間でした
チーズとベーコンのバンズとレーズンバンズ’
DSC01256.jpg

‘ドーナツ’(今日もやはり美味しくできましたよ)
DSC01257.jpg


 
お肉食べたよ~!!
今夜は外食!そこで、またまたグルメリポート!
パパの車を取りに行く目的もあって、会社近くの焼肉屋さんへ。

お店は『多牛(たぎゅう)駅南店』

場所は博多駅南側、筑紫通りからちょっと入った筋沿いにある。
元々、竹下店(JR竹下駅近く)が1号店で、「安い・美味しい」が売りで、今や、どちらも行列ができる人気店らしい。

今夜は、ちょっと出足が遅れて、6時半をまわってお店に着くと、すでに12組待ち!
でも、客の回転が速いらしく、思ったより早い40分ほどで、テーブルへ案内される。

ここはメニュー数も少なく、牛肉でいうと、上カルビと上ロースのみ。
それに、人気のカルビは1人2人前まで(子供は1人前)と決まっていて、それも初回の注文のみということ。
それでは、ということで、うちは親子でMaxの5人前を注文。
他に上ロース、上ホルモン、華味鳥、野菜、キムチを頼む。

1テーブルに1つ、炭の入った七輪が来て、その上で焼く。
炭で焼かれたお肉はどれも、脂がほどよくのっていて、やわらかく、とっても美味しかった
他に注文したものも、ごはん、タレに至るまで、どれも美味しくて大満足

それに何と言っても、本当にどれも値段が安い。
人気の上カルビだけが490円で、他の上ロースや上ホルモン、鶏、豚トロなどにしても、いずれもすべて390円なのだ。

でも困ることも2つほど・・店内の煙がすごくて、(たぶん換気扇の容量が足りない?)、途中、煙に弱い、私と娘は目が痛くなるほど・・
あと、今日はパパの忠告を聞いて、匂いが付いてもいい服を着て行ったけど、絶対にお気に入りの服は来ていけない!

親子3人、お腹いっぱいになって、しかも焼肉にしては、とってもお安く食べられ、大満足な夜だった。
といっても、今夜もパパのおごりなんだけど・・
“パパ、今夜もごちそうさまでしたあ~”
DSC01253.jpg
(脂が乗ったお肉を焼くと、このように火事のようになります


焼肉好きの方には、おすすめのお店ですが、くれぐれも匂いが付いてもいい服を着て行かれることをおすすめします
残念ながら、焼肉の席は予約できないのですが、2階で食べられる、すき焼きとしゃぶしゃぶの席は予約可みたいです。
   お店の情報はこちらから
   多牛


 
タマの友だち2号
『チンコロは見た!』    作・絵:タマ

DSC01212.jpg
チンコロ;「さあ~、ちょっと出かけてくるかあ!」
シロタン:「アナタ、いってらっしゃいませ
      お気をつけて・・」

        (このとき、シロタンの顔には暗い影が・・)
   

DSC01223.jpg
シロタン「でも最近、あの人の様子がおかしいのよね
      どこに行くのか、つきとめてやろうっと」
 
            (市原悦子ばりの尾行姿)


DSC01216.jpg
チンコロ;「あー、一日中アイツのまじめな顔を
      見てたんじゃあ、息つまちゃうよお!
      たまにはこうしてボクも息抜きしなきゃあ、!!
      ん~やっぱ日向は気持ちい~い
      ゴロニャ~ン!」



DSC01229.jpg
シロタン:「何よ、ただの日向ぼっこだったのね。
      でも、私のどこが悪いって言うのよ、フン!」



DSC01220.jpg
シロタン;「あ~あ、私も、いい加減、良い奥さんしてるの
      疲れちゃったわよ~
      もう、や~めたっと!」



DSC01228.jpg
シロタン;「ホントは私だって、こんなフヌケ顔、たまには
      したかったんだから~
      これからはぐうたら主婦になってやるぅ



DSC01236.jpg
チンコロ:「見てはいけないものを見てしまった・・・
      これからはボクが耐えることにしよう・・」

                         ・・・おしまい

                    
<タマの友だちファイルNo.2>
名前:シロタン
DSC01225.jpg

前に、ご紹介したチンコロと同居していて、これまた人なつこくてかわいい猫ちゃん。
名前は私が勝手に付けました。
今日初めて、ツーショットに出くわしたので、よそ様の猫ちゃんでちょっと遊んじゃいました。
でも、実は2匹の性別、知らないのです。
チンコロ、シロタン、ミスキャストだったらごめんね         


 
今日もパン~♪
今日は自分のパンスクールへ行く日。
1ヶ月が早いこと・・
そして、また今日もパンネタだあ~。
やっぱりしばらくは、‘食べ物ブログ’ということで・・

早速、今日作ったパンとスイーツをご紹介!

<大納言ロール>
ほの甘いパン生地にアーモンドクリームと大納言あずきが折り込まれているおやつパン
トッピングされた、あやしい白い物体は‘あられ糖’
DSC01196.jpg

<プレイリーブレッド>
パン生地にはグラハム粉が入って、さらにオーツ麦、ケシの実、アマニ種、ゴマ、ひまわりの種、かぼちゃの種を、生地の中とトッピングに、ぜいたくに使った、ヘルシーパン。
DSC01203.jpg

今月のスイーツ<こいろーる>
鯉のぼりの形のロールケーキ
5月の節句の先取り。早っ!でも、かわいい~!!
08021601.jpg

中には抹茶クリームと小豆と栗の甘露煮入りで、美味しかったあ
男の子はいないけど、かわいいから家でも作ってみようかな?
でもカットしたら、うろこの模様がちょこっと見えるだけで、ホント何かわからないよ~!
DSC01189.jpg

以上、今日のパン教室の成果でした



 
娘の初の手作りチョコ
今日のお題は、やはり‘バレンタインデー’。
今日はあちらこちらで、チョコをとりまく、いろんなドラマがあったに違いない。
うちでも、毎年パパにはいちお(?)何かしらチョコっぽい物は贈っている。

今年は、小三の娘が初めて手作りチョコをパパにあげると言い出した。
パパ良かったね~!娘の初の手作りチョコの相手に選ばれて。
そこで、娘が3日前に作ったのが、下のチョコ。
板チョコをレンジで溶かしたものにシリアルとマシュマロをまぜて、細長く固めたもの。
ラッピングも全部娘が自分で考えた。
DSC01165.jpg

DSC01179_20080215082942.jpg

私は、と言えば最近は毎年チョコレートケーキを焼いている。
今年のケーキはココア生地のスポンジに生チョコクリームをサンドして、クーベルチュールチョコを溶かしたものでデコレーションした。
しかし、デコがうまくできずにハリネズミ形と金粉でちょっとごまかした。(それにしても、あまり美味しそうに見えない)
DSC01168_20080215082919.jpg


ところで、当のパパはきのうから大阪に出張中。
帰ってくるのは明日の夜。
娘は待ちきれず、おととい早々と渡して、食べてもらった。
パパは満足気。
確かに娘のチョコは、とても美味しかった!負けたかも・・
私のケーキは、さすがに切って試食できない。
明日の夜までおあずけ。ん~、早く食べてみたい!

バレンタインデーって、独身時代は、一人でドキドキしながらチョコの準備をしていたけど、今や家族みんなの楽しいイペントになってしまった。
でも、パパ!あの子が作るチョコも、そのうち他の誰かの手に行くのを覚悟しておこうね。


皆さんもきっと自分のレシピをお持ちでしょうが、参考までに、私が作るチョコレートケーキの、スポンジ生地とシロップの材料、そして作り方を簡単に記載しておきます。
これだと、膨らみもよく、美味しいし、数字も覚えやすいので、定番レシピにしています。
基本のプレーン生地を覚えておけば、粉の一部をココアに替えるだけで、ココア生地ができるので便利です。

<スポンジ型(底が取れるタイプ)18cm1台分>
(型に分量外のバターを塗って粉を薄く振っておく)
1.卵(M~L)  3個
2.グラニュー糖 90g
3.薄力粉    75g(プレーン生地の場合ココアなしで90g)
4.ココア(無糖) 15g(粉とココアは合わせて3回ふるっておく)
5.無塩バター  30g(溶かしバターにしておく)
  ※プレーン生地の場合、バニラオイル少々
☆1.と2.を合わせてよく泡立て、3.と4.をさらに、ふるい入れてざっくり混ぜ、5.も入れて、さっと混ぜて型に流しこみ、170℃に予熱したオーブンで30分焼く

<シロップ> 
(焼いた生地を冷ました後、横に半分にカットし、その上下ともにシロップをはけで塗った後、デコレーションする)
1.お湯      70g
2.グラニュー糖 35g
3.コアントロー  15g(プレーンの時はキルシュなど)
☆1~3を順に混ぜる
※デコレーションは生クリームのホイップに溶かしたチョコを混ぜたものなど、お好みで。

私の好みですが、スポンジ生地にシロップをたっぷり吸わせてデコレーションした後、半日~1日くらい冷蔵庫においた方がスポンジがしっとりなじんで美味しくなると思います。


 
あと、もうちょっと・・
今朝は、この冬一番の冷え込み。
こんな日は朝、起き出すのがつらい。

今朝、気持ちよく寝ていると、なぜか突然、部屋の火災報知器が鳴り出した。
「誰か止めて~!」と一生懸命叫んでいるのに、まわりの家族もみんな無視。
けたたましい音を、しばらくやり過ごすと、やっと鳴り止んだ。
すると今度は私の横で女の人が、ニュースやら‘今日の占い’を叫び始めた。
「あなたの星座のてんびん座は2位です!」
‘やった!今日は、ラッキーな日だあ!’

そして再び火災報知器が鳴り響いた時、ハッ!と目が覚めた。
時計を見ると、起きる予定の時刻をとっくに過ぎている。

そう、火災報知器は、目覚まし時計のベルの音。
占いの声は、昨夜、寝室のテレビのオンタイマーをセットしていて、テレビが勝手に点いて鳴っていたものだった。

「わあっ!寝坊したあ~!今日はお弁当を作らなきゃいけない日だったあ~!!」

あわてて飛び起き、温まった布団に別れを告げ、そこから今朝もバタバタと、戦いのような時間が始まった。

それにしても、眠ってる間に聞こえた音って、夢に、はっきりとドラマ仕立てになって出てきて、しかも目が覚めた後も、しっかりと覚えていられるのは面白い。
それなら、よく言われる‘睡眠学習’もアリかもね、と思える単純な私だった。


<今日のパン教室>
‘ベーシックコース2回目’メニューは‘ロールパン’と‘あんパン’
久々のパン教室。お友だち組お二人と今日も楽しい時間が過ぎたのでした。

DSC01163.jpg

卵の化粧でつやつや‘ロールパン’
本当にシンプルでプレーンなパンですが、いくら食べても飽きない大好きなパンです


 
娘とゆったりした日
今朝、娘が体調が悪いと言って学校を休んだ。
娘の体調は結局大丈夫だったが、念のため、予定していたパン教室を急遽お休みさせてもらった。

外も寒く雪にもなりそうな気配。
教室もなくなったし、娘もいるので、家の中でゆっくりしよう、と決め込み、暖かくしたリビングにどっかと座り込む。
久々にゆっくり雑誌を読んだり、人のブログをのぞいたり・・(こんな日には家の片付けでもすればいいのに・・・うーん、リビングから動けない

娘は昼前になって体調も良くなり、お腹がすいたと、ベッドから起き出してきた。
娘は、作った‘卵おじや’をおいしそうに食べた後、私の横に座り、今度は二人でまったりモード。
こんな日も子供が小さいうちだけだよね~、と思いながら予定外の娘とのゆったりした一日を過ごした。

このままだと、ただの、‘まったりブログ’で終わるので、きのう、試作したパンの写真でもUPしようっと。

(今日キャンセルした生徒さん、このパンを作る予定でした。写真だけでごめんなさい次回楽しみにして来てください。

<クロワッサン>
DSC01155.jpg

<オレンジスライスを練りこんだハート型のパン>
DSC01141.jpg

<おひな様スイーツ> (ぎゅうひの中に黄身あんが入った和菓子。でも右のお雛様の生地に、食紅を入れすぎて色がちょっと、どぎつ~い)
DSC01162.jpg


 
ブログは脳内メーカー?
色々なブログを見ていると、その数だけそれぞれに特徴があって面白い。

かわいい手作り品をいっぱい載せている人、毎日作ったお料理やお菓子の写真を撮って載せている人、映画や本について書いている人、・・どれも見ていて楽しくつい時間も忘れてしまう。

私自身、ブログを始めてちょうど、1ヶ月。
何にでも、三日坊主の私が毎日更新できたのは、自分でも快挙かも。

そもそもブログをやりたかったのは、‘書く’ということがしたかったから。
そして、書きたいことが自分の中に、たくさん積もっていたから。

でも、いざ書き始めると、楽しすぎて、ついタラタラと・・・
おまけに書きたいことがいっぱあるので、内容が‘日替わり大盛り定食’のようで、何だかおしゃれじゃない。
もしブログのジャンルに‘タラタラ部門’があるとしたら、そちらに引越ししたほうがいいかも。

それにブログを見ていると、その人の嗜好や、今、何に興味を持っているか、っていうのがよくわかる。

これって、ちょっと前に流行った‘脳内メーカー’のよう。

そういう意味では、私のこの1ヶ月のブログを振り返ると
『食・食・食・・・・・楽・猫』っていう感じ・・
自分でもわかってはいたけど、これほど、食い意地がはっていたとは・・

‘あ~、やっぱ私の日常はこの程度かあ~’っていう感想もあるけど、こんなブログでも読んで頂ける方が一人でもいる間、そして、何よりも自分が楽しめる間は、書いていこうと思っている。
(でも、いつパタッと更新されなくなる日が来るかもしれません。その時はネタが尽きたか、体力か気力が尽きた、と思ってください)

明日から、まだまだ書きたいこと書いていくぞ~


 
離れた姉二人
私には姉が二人いる。

長女とは8歳、次女とは4歳離れているため、私は小さい頃からずっと、文字通り‘末っ子’扱いだった。

うちの三姉妹は面白いほど、性格も洋服の趣味も全く違う。おまけに次女とは顔も似てない。

よく、姉妹で仲良くお買い物とか、洋服の貸し借りをする、などという話をきくけど、うちの姉妹の間で、そんな事をした記憶がほとんどない。

いい様に言えば、各自がお互いを干渉せず、尊重し合い、頼らずに生きているということ。
悪く言えば、結構疎遠な姉妹なのである。(決して仲が悪いという意味ではない)
こういう姉妹は、世間でいえば珍しいのかもしれないけれど、私たちの中ではずっと普通の関係だった。

二人のうち次女とは、齢がわりあい近かったので、小さい時にはよく遊び、たまには喧嘩もした。
活発で姉御肌だった姉の誕生会には、男の子たちも沢山遊びに来た。
家の中でお決まりの誕生パーティーが終わると、みんな一斉に外に飛び出し、おにごっこや、缶けりが始まる。
そんな時、私はいつも姉に「あんたはミソね」と言われていた。
(ミソ:捕まってもカウントされない、いわゆる‘おまけ’みたいな存在)
それでも、私は嬉しくて、大きいお兄ちゃん、お姉ちゃん達に混じって一生懸命逃げていたっけ・・・

昔から、人一倍、頭の回転が早く、運動もできて、何一つ私が勝ることがなかった姉。

その姉も大学入学とともに実家のある宮崎を出た。
上京してからも、バイトしながら安いアパートに住み、生活費も親に頼ることなく、自立心の強かった姉。
私が大学で上京した時も、何度か居候させてもらったり、色々とお世話になった。その時のことは心から感謝している。

そんな姉は、今でも東京で暮らしている。
2年ほど前に四谷三丁目近くの荒木町というところで、『大福』という、小料理屋もオープンさせた。私もまだ行ったことがないけど、切り盛り上手な姉の店、きっといつも常連さんで賑わっているのだろう。

離れているので、今は年に2、3回電話で話せばいいほう。ほとんど会うこともないが、胸のどこかには、いつも頑張っている姉の姿がある。

今、姉や姉の仲間と一緒にお酒を飲む機会があるとしたら、まだ姉に、「あんたはミソね」と言われそうである。
(私も弱いほうではないと思うのだが、姉の並外れた酒豪っぷりには完敗

そして今日は姉の誕生日。
電話をするが、つながらなかった。
だからこの場を借りて‘おめでとう’を言いたい。

でも、携帯電話もパソコンも持たない主義の姉、このメッセージを見ることはたぶん永遠にないと思う。

また、もう一人の、これまた頑張り屋の姉の話はまた後日・・


この翌日、留守電を聞いた姉から電話が入った。
ブログを始めたこと、お店の名前を書いたことを伝えると、お店の肩書きは小料理屋ではなく、‘カフェ茶屋’と訂正され、「お料理上手な姉がやっています」としっかりコメントがあった。
(ちなみに、もし行って頂ける希少な方があれば、「ブログを見た」で割引こそありませんが、姉のとびきりの笑顔がもれなくついてくる・・・かもしれません)
大福


 
スキップした日
今日、車の運転中、大きな交差点で信号待ちをしていた時、一人でスキップしながら横断歩道を渡る、小学生くらいの女の子を見かけた。

手には袋を抱えていたので、、何かお目当ての物でも買えたのだろうか。

女の子は見るからに嬉しそうで、見ているこちらまで楽しい気持ちになってくる。

でも、そういえば、最後にスキップした日なんていつだっただろう・・。

大人になって、あんな風にスキップするほど、楽しいことってあったっけ・・?

それとも、楽しいことはあるのに、素直に体で表現できるほどの純粋さがなくなったのかな?

小さい頃は、毎日がスキップしていたいような気分だったよね。

・・・・・女の子が道を渡り切る間に、小さい頃の自分も重なって、いろいろと頭をめぐった。

気が付くと、信号が青に変わっている。アクセルを踏んで、いつもの自分に戻った。

(その後、スキップする今の私の姿を、自分でも想像したくないことに気づいてしまいました



DSC01103.jpg

<バニラアイスにきのう作ったキャラメルソースをかけて・・>
 私はもちろん、娘の大好きなアイスバリエのひとつ





 
幸せのキャラメルスイーツ
今日、2回目のシフォンケーキ教室を開いた。
正確には、‘キャラメルシフォンケーキ’教室。

このケーキはキャラメルソースをシフォン生地に混ぜて焼き、生クリームとキャラメルソースを混ぜて作ったキャラメルクリームを添えて食べる。

実は私、大のキャラメルスイーツ好き!
キャラメルソースの色も艶も、もちろん味も、とっても魅惑的。
あの、香ばしい甘さとほろ苦さがたまらない。
体や気持ちの疲れを、優しく癒してくれる私の特効薬。

鍋の中でキャラメルソースがフツフツと踊る時、部屋中に香ばしく甘い匂いがたちこめた。

生徒さんとのおしゃべりも楽しく、今日も幸せなキャラメル色の時間が流れた。

DSC01080.jpg
     写真をクリックすると大きくなるよ
<焼けた生地を逆さにして冷ます様子>
  (不思議な光景ですが、間違っても最新の電気スタンドではありません)

DSC01095.jpg

DSC01101.jpg
     
最近購入した本『キャラメルとカカオのお菓子』(稲田多佳子著)
作ってみたいスイーツがいっぱい!


 
塩ブームはどこまで・・
たまに行くスーパーで“塩みかん”なるものをみつけた。
食べ物には特に好奇心旺盛な私のこと、早速買って帰った。
      写真をクリックすると大きくなるよ
DSC00915.jpg

食べてみると、甘いだけじゃなく、酸味もちゃんとあって、みかん本来の味がして美味しい

ここ2,3年,塩ブームで、‘塩○○’というネーミングをよく見かける。
その中でも私が食べて美味しかったものを挙げてみると・・

‘塩トマト’・・・・・私の大好きなトマト。甘味が強くて、身もしまっていてフルーツのよう。
聞くところによると、熊本が発祥で、高潮の時にトマト畑に海水がかかってしまい、偶然美味しくできたのが始まりらしい。
すごい発見!

‘塩キャラメル’・・キャラメルは元々塩を入れて作るのに、たまたま塩を多く入れすぎてできたのかな?なんて、素直じゃない?

‘塩ちんすこう’・・沖縄のおなじみのお菓子だけど、沖縄のお土産で頂いて美味しかった。最近、近所のスーパーでもみつけてしまった。

他にも‘塩チョコ’など、いろんなものが売られているけど、この塩ブームどこまで広がるんだろう。それにしても何にでも塩をつければいいっていうもんじゃあないと思うのは私だけ?

そのうち、‘塩ビール’や、‘塩牛乳’、‘塩いちご’に‘塩パン’、なんていうものまで出てきたりして・・・でも、全部 しょっぱそ~な感じ




 
どこに帰るの~?
うちのパパは面白い。

もうお気づきの方もいるとは思うけど、私のブログを、たまにのぞきに来ては“ポチ”としてコメントまで入れてくる。(ブログには、あきれながらも理解してくれているのでいちお感謝

ある朝のパパの話・・・バタバタと出勤の準備をしていて、朝ごはんを食べる時間もないと言う。
私が「リンゴくらい食べて行ったら?」と言うと
パパ、私の顔も見ずに叫んだ!

「お持ち帰りにして!」

私は、一瞬、「・・・・・」そして
「どこに持って帰るのぉ~?」と、ツッコミを入れてしまった。
パパも、自分の口からとっさに出た言葉に笑っている。

でも、その何週間か後にも全く同じやり取りがあった。
大丈夫?パパ、お疲れじゃない?

まあ、うちのパパはお世辞にもカッコいいとは言えないし、ちょっとメタボ気味だし、ぜ~んぶ正直に顔に出てしまう人なので、もちろん、うち以外に帰る家はないはず・・・

だから、こうして笑い話として披露できるんだけどね。

(でももし、ブログ上にパパの話題も、ポチの名前も出なくなった時には、タマ家の中で壮絶なバトルが繰り広げられていると思って、しばらくそっとお見守りください)


 
タマの友だち1号
<タマの友だちファイル:No.1> 
“チンコロ”(通称)
    写真をクリックすると大きくなるよ
DSC01052.jpg

猫好きな私は、たまに挨拶する猫友だちがいる。
今日紹介するのは、パソコン教室の行き帰りに会う猫ちゃん。
DSC00768.jpg

まずは、この猫ちゃんとお友だちになったきっかけから・・・。
ある日、道路から,屋根の上にいるこの猫に向かって、何か一生懸命話しかけているおばあちゃんがいたので、思わず声をかけた。
聞くと、屋根に干した布団に猫が乗りそうなので、降りさせようとしていたとか。

話していくと、実はそのおばあちゃんの飼い猫ではなく、真向かいのおうちの猫であることも判明。
やはり猫好きなおばあちゃんは、人の家の猫でも、よく面倒をみているらしい。

名前は“チンコロ”というので、思わず‘え~っ!?’と言いたかったが、ぐっと抑えた。
おばあちゃんによると、お向かいさんに名前を訊いたら“チン何とか”って説明されたけど、横文字でよくわからなかったため、自分で勝手に“チンコロ”と呼んでいるとか・・・

私が思うに‘チンチラ’という種類のMix種(※注1)だと思うけど、それがおばあちゃんにかかると、チンコロとは・・お向かいさんは知っているのだろうか、と人ごとながら、ちょっと気になる。
DSC01049.jpg

この猫、体は大きいが、性格が良く、とても人なつこい。
見かけて声かけると、遠くからでも走って来て、私の足に、頭や体をすりすりしてくる。
洋猫独特のきれいなグラデーションの毛並みと青い目を見ながら、やはりつい“チンコロって、どーなのよぉ”と、思ってしまう私。

写真撮影にトライしたけど、近くに寄って来すぎて、なかなかいいショットが撮れない。
本物はもっと可愛いのに、撮れていたのは、全部ちょっと、ぶうたれたチンコロ
DSC01045.jpg

今朝もチンコロの可愛さにつかまって、またまたパソコン教室に遅刻してしまった・・


<タマの猫豆知識>
(注1)Mix種 ;いわゆる雑種のことだが、最近はこう呼ぶらしい
     (猫社会でも、差別用語?は排除されつつあるようです)


 
春はそこまで
今日は今年初めてのアレンジメントフラワー教室の日だった。
お友達の紹介で、昨年の春から月に一度、通っている。

教室は、うちからすぐにあるご自宅で、講師となる先生は、小学生の
男の子と幼稚園生の女の子を持つお母さんでもある。
彼女はイギリス生活も経験していて、本場のフラワースクールに通い、
色々なお花の資格も持っている頑張り屋さん。

今では、すっかりお友達としてお付き合いさせてもらっているけど、
同世代の彼女の行動力には、いつもいい刺激をもらっている。

教室となる自宅は、花用のアトリエもあり、立派なおうちで、お邪魔
する度にため息が出る。しかし、当の彼女はおごらず、気さくで
飾らない性格。おっとりしていて、まわりの人をいつもなごませる。

お花のことは私は偉そうなことは言えないけど、彼女のお花は
いつも自然体であり、色合いなども優しさにあふれていて、眺めて
いるだけでも気持ちが落ち着いてくる。

今日のお花は「お庭に生えているお花たちをイメージして」と言わ
れたが、これがなかなか難しくて、自分では、ちょっとまとまりが
どうかなあ?って仕上がりに・・(でも先生は優しいので、いい感じ
とほめてもらった。やはり大人でもほめられた方が伸びるかも、と実感!)

暦では“立春“。でも、まだまだ寒い日は続く。
しばらくは、このお花を家に飾って、本当の春を待つことにしよう!

DSC01042.jpg

今日は‘高さ’と‘まっすぐ’を意識して・・
ワラビ、ストック、ラナンキュラス、コデマリ・スイセン・・
(そういえば、全部のお花の名前をきくのを忘れて帰りました)


 
暗闇でワクワク!
今日は節分。

そこで今日は,我が家のちょっと変わった(?)節分の楽しみ方をご紹介

まずは、みなさんの家庭でも楽しまれたことと思うけど、うちでも家族三人で、南南東を向いて巻き寿司を一本ずつほおばった。
確か、9年前に福岡にいた当時は‘恵方巻きのかぶりつき’なんて、聞いたこともなかった。
その後、大阪に引っ越して、関西にそんな風習があることを初めて知った時には、‘へえ~!’って、すごい驚きだったのを覚えている。
でも、その何かばからしいんだけど関西らしい面白さが妙に私のツボにはまり、これはどこに行っても我が家の定番にしようと決めていた。

ところが、4年前に福岡に戻ってきてみると、あれれ?福岡でも、あちこちで流行り始めてるじゃん。
な~んだ、うちだけこっそり楽しもうと思っていたのに、広まってて何だか面白くないの! と思った私。

日本は狭いながらも、東西南北、文化や習慣が違っていて、そこに地方独特の良さも個性もあるはずなのに・・・
恵方巻きの場合、コンビニ業界、はたまた寿司業界の策略?っていう匂いがして、どうもそれに乗せられている感じ。
なんか愚痴ってしまったけど、まあ楽しいことは、全国の人で楽しみましょうってことよね。

でも!へへへ・・うちには、まだみんなには知られていない楽しみ方がある。

豆まきの豆は落花生、その豆の中に家族の齢の数だけのお金を混ぜて、お金ごとまくのだ。それも、電気を消して・・・
ネッ!ここまでで、すでに楽しそうでしょ?
お金は外ではなく家の中にまく様にして、全部まき終わったら、「じゃあ、拾おうか!」という誰かからの掛け声で、一斉に豆とお金を拾い始める。それも暗闇のままで・・。

豆をまく時に、床に響くチャリーンという音で、大体どの辺りにお金が落ちたか、メボシを付けておき、拾う時はそこに直行。
暗闇の中、手探りでお金をみつけると「あっ!十円みつけたあ!」とか「これは一円かなあ?」とか各自楽しみながら拾う。
そしてもうないよね、となったら初めて電気を点け、まだ落ちていないかみんなで確認。
このやり方は子供の時から今までずっと変わっていない。

これは元々、私の実家で同居していた鹿児島出身の祖母から教わって恒例になっていたらしいが、楽しいこのイペントは結婚後もやめられない。毎年、娘も結構楽しんでやっている。
拾ったお金は、全員分まとめて一晩外に置き(厄払いの意味で)、翌日そのお金で、アメを買って豆と一緒に食べるのが本当らしい。

このワクワクするイペント、うちだけの楽しみにしておこうっと!、と思ったけど、今日初公開してしまった。・・・・・もしかして来年、全国で流行っていたらどうしよう・・・
(でも“楽しそう”と思われた方は、一度ぜひお試し下さいませ

DSC01027.jpg
(フフ・・お金を数えようとしても、無駄ですよ~)



 
老後は映画ざんまい?
うちにも、昨年秋にとうとう大画面テレビがやってきた
といっても買ったのは、安くなっていた37型・・・買った後、電気屋さんに聞いた話・・今年からリビング用テレビの主流は、もはや42型以上になるらしい・・どこまででっかくなれば気が済むんじゃい!これは電気メーカーの陰謀かあ~?と、ちょっとひねて見てしまう私

でも37型にしても、それまで21型の液晶テレビで我慢していた私たち家族にしては、すっごく大きい!それにデジタル放送やハイビジョン放送はやっぱりきれい!

うちの家族が笑えるところは、買い換えて3ヶ月以上たつ今でも、テレビを点ける度に
「おお~っ!!やっぱ、違うね~。きれいだね~!!」と声を上げること・・・
‘三丁目の夕日’時代の「テレビが映ったあ~!」的な、わかりやすいリアクション。

そして、テレビが大きくなっただけでも我が家にとってはすごいことなのに、先日とうとうWOWWOWにまで入ってしまった。
パパと私、共に映画好きな二人は、今までずっと、入ろうかどうしようか、と言い続けてきたんだけど・・・今回、テレビ付属のカードを登録した人限定のキャンペーンということで「3月いっぱいまで加入料なしの500円だけで見放題、しかも解約自由」という勧誘の電話につい、それならば、と入ってしまったのだ。

でもよくよく考えてみると、レンタル店で借りたDVDでさえ、観る時間がなくて、そのまま返すことがよくある私。
これから映画見放題ですよ~となっても、ゆっくり観る暇があるのかしら・・?

おまけに、うちには、今まで私がコツコツとテレビからダビングした映画のDVDが山ほどある。しかも観ていないものばかり。
パパに「こんなに貯めていつ見る気?もう見ないでしょ?」と言われる度に私はこう答える。
「老後の楽しみに取ってあるの!」

パパいわく、「その頃には今のDVDを再生できる機械もなくなってるよ」

そんな冷たい言葉にもめげず、これからますます、老後の楽しみを1枚ずつ増やしていこうっと

それより何より、パパへ・・・何度言っても‘WOWWOW’(ワウワウ)を何かのギャグみたいに「ワオワオ」って間違えて言うのはもうやめてね


 
出会い・・
今日は、あるご縁がきっかけで、シフォンケーキ教室を開かせてもらった。
昨年末、ある小物雑貨屋さんで催された‘1day lessen’の生徒さんに出すお茶菓子を作らせて頂く機会があった。
その時の生徒さんで、私の作ったシフォンケーキとパウンドケーキを気に入ってくださった方が、今日、習いに来られたのだ。

こんな思いも寄らない出会いが昨年はたくさんあった。
それも、皆これからもずっとお付き合いを続けていきたいと願うような素敵な方ばかり!

今までもそうだったけど、自分が何か新しい事にひとつ飛び込むと、必ずそこには、たくさんの出会いがある。
そして、自分と感性が合う方だったり、刺激を与えてもらえるような方が、必ず何人かいて、そこから長いお付き合いが始まったりする。
私は、そんな思いがけない出会いが大好きだ。

人は生まれてから一生のうちに出会う人の数には限りがある。
その中でも、親しくお付き合いできる人は、さらに、ほんの一握りだと思う。

だからこそ、その時その時の出会いを、大切にしていきたいと感じる。
今年もそんな素敵な出会いがたくさんあったらいいな・・とも。

そういう意味ではお二人との新たな’出会い’となった、今日の教室。
そして私には記念すべき(?)本格的お菓子教室の初日。
ちょっとドキドキしながらも、無事‘キャラメルシフォンケーキ’も焼けて、ホッとしながら、最後にお二人を見送った。
お菓子教室は楽しんでもらえたかどうかわからないけど、有難いことに、春からパン教室にも来ていただけることになった。

素敵なお二人と、出会いの今日を起点に、この先また新しいレールが続いていくように思える嬉しい日だった。

DSC01018.jpg

‘キャラメルシフォンケーキ キャラメルソース添え’


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。