2010/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
二度目の初?詣で
この間の週末、今年2回目の初詣でに大宰府天満宮まで家族と行って来ました。(1回目は柳川で)

1月も半ば過ぎたし、さすがに人出も落ち着いていることだろうと行ってみると、夕方という時刻にも拘らず人が多くて、参拝にも30mほどの列ができていました。
来年中学受験を希望している娘は、早くも合格祈願を絵馬に書き、私も参拝を気持ち(?)念入りに行いました。
DSC04564.jpg

月日がたつのは早く、ちょうど2年前のブログを書き始めて間もない頃に、大宰府への初詣での記事を載せた記憶があります。
その時にも書いた‘猫と梅ヶ枝餅(うめがえもち)’。

今年もやっぱり裏庭で猫達に会えました。(もしかしたら黒ネコは2年前にも載せた子かも)
ここで会う猫はみんなおっとりしているから可愛いくて好きです。
DSC04571.jpg

そして今回も梅ヶ枝餅しっかり食べてきました。
梅ヶ枝餅の店は参道から裏庭にいたるまで本当にたくさんあって人気度もまちまちなのですが、この日は20mもの列が出来ている店もあってびっくりでした。
うちは昨年から、裏庭一番奥にある〈お石茶屋〉で焼きたてを食べて、さらに参道入り口にある〈寺田屋〉でお土産に買って帰る、というパターンが定着しています。
お石茶屋の佇まいは、まるで映画村にでもありそうで、風情があって落ち着きます。
DSC04575.jpg

寺田屋では焼くところが見れます。
餅が4個ずつ焼ける型があって、職人さんが手際よく順に型を裏返しながら程良く焼いていきます。
この日は特に大忙しでした。
DSC04578.jpg

餅の上にはちゃんと梅の形がついています。(写真はお石茶屋の梅ヶ枝餅です)
お土産でもらって食べていた時は、餅はつぶれて厚みもなく梅の模様もすでに見えなくなっているので、実は私、お店で焼きたてを食べるまでは初めからそんな食べ物だと思っていました。
DSC04573.jpg

そしてこちらも今回初めて知った参道近くにある<揚子江>の‘豚まん’、直径10cm程はあります。
DSC04579.jpg

看板には‘昭和33年創業、50年前に豚まんができた店’とありました。
そのせいかお客も多く、ここでも並んで買いました。
豚まんはお店で見た「肉汁に注意」の貼り紙の通りで、美味でした。
DSC04580.jpg

これだけ書いて、まるで猫と食べ物目当てで大宰府まで行ってきたようですが、半分はそうかな~?(ご利益なくなりそうですね)

おみくじをみんなで引いて、誰も凶こそなかったのですが大吉もありませんでした。
でもまあ並の生活は送れると思って良しとしましょう。

今年も我が家にも皆さんにもいい事がたくさんありますように!



スポンサーサイト


 
今年こそは・・?
福岡でも昨日から雪・雪です。
寒いのは苦手ですが、雪が珍しい私には真っ白な風景が幻想的に映ります。

今日は久々に昼間に更新していて、これも今ちょっと時間と気持ちに余裕があるからです。
というのも昨年末体調を崩したことや、来月にかけて私用もあることから思い切って来月前半まで冬休みを頂くことにしました。
パン教室も来週の体験教室だけで、しばらくお休みです。

長いお休みは夏以来なので、連日午前中からのんびりできる嬉しさを味わいながらも、この時間を無駄にせずにと思っています。

そして手始めに昨日、< 整理収納講座 >を受けて来ました。
講師はハウスクリーニングなどのお仕事をご夫婦でされているプロのクリーンアドバイザーで、昨年お知り合いになった素敵な女性の方です。   HPはコチラから  クリーンアドバイザーナカオ

自分の整理収納レベルを診断し(これがドキドキもので)、家の中のごちゃつく物の分類方法などプロならではのエッセンスが盛り込まれた講座でした。
いつもやらねばと思いながら後回しにしていたあらゆる物の整理収納ですが、単純な私は受講しただけで何だか今年はやれる気がしてきました。

先生の「物は、使われたい、役に立ちたいと生まれてきてるのだから、家で眠っているのなら誰かの手に・・」というような言葉に、今までは頂き物など情があって手放せなかった食器や小物、洋服などを思い切って処分(まずはリサイクル)する勇気?が持てました。

また引っ越すたびに要らなかったな~と思う、いわゆる婚礼家具(食器棚、タンス、ドレッサー)ですが、これも親に申し訳ないと思い、手をつけられなかった物の一つです。
でも先生のアドバイスで、ちょっと手をつける気になりました。
それは固定観念を捨てて本来と違う物を入れたり、分解して一部分を棚として使うなど目先を変えるのも必要だと。
そして今不要ならば十分使い切ったと思って処分してもいいのでは、という言葉にちょっと気が楽になりました。

一人では踏み切れなかった家の中の改革も先生の話に背中を押されて、今やる気があるうちに早速始めたいと思います。
いつも年頭にあれこれ決意しては中途半端で終わっていた私、今年こそは!!ですね。

でもその前に・・まずは腹ごしらえをして、っと!・・・あ~これが先延ばししてしまう原因だあ~ 
やっぱりまずは精神修行からでしょうか。




 
やり直せるとしたら・・・?
昨日は成人の日でした。

テレビでは「二十歳の頃に戻ってやり直せるとしたら何がしたいですか?」と街頭で色々な年代の人にインタビューしている様子を映していました。
みんな「ちゃんと勉強して医者になりたい」とか「海外留学したい」とか、やはり勉強し直したいと答える人が多かったですね。

もし私が二十歳の頃に戻れたらどうするかな~?と考えて・・・
確かに学校にしてもそれ以外の勉強も、もっとちゃんとやり直したい気持ちはありますね。

でも最近の私、年を重ねたせいなのか“もしあの時ああしていたら今頃はこうだっただろう”とか“ああしていなかったら今はこうなっていたはず”などと考えることがよくあります。・・・無駄な想像だとはわかっているのですが。

だけど毎回、いつもたどり着く結論は同じです。

どこかの選択が一つでも違っていたら、自分が今ある状況や環境は全く違っていたんだろうと思います。
そして今近くにいる娘にも、いつも話を聞いてくれる友達にも会えなかったんだなあと思うと、とっても切なくなります。
まあ主人とは夫婦とは言わなくても、どこかで知り合いくらいにはなっていたかもしれませんが・・・いえいえ、そんなことを言っちゃいけないんですよね。主人がいなければ娘もいないし、今の生活もなかった事はよくわかっております。

だからもし昔に戻れたとしても今の記憶が残っているのなら、きっと同じ選択をするはずなんですよね。

ニコラス・ケイジはあまり好きではないけれど、映画『天使がくれた時間』での最後の彼に“良かった~”と思ってしまうこの頃の私です。



 
今年初のブログです
遅ればせながら今年初めての記事を書いています。
明けましておめでとうございます・・ってまだ大丈夫ですよね?
今年もスロースタートな私、この分だと先行きもマイペースになりそうですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

我が家の今回のお正月の過ごし方といえば、年末から年明けにかけて主人と両方の実家を行き来しました。

田舎のお正月は個々に特徴があるのですが、今回は私の実家のお雑煮をご紹介します。
うちの実家は両親の出身地でもある鹿児島流です。
といっても鹿児島でもきっと土地土地で異なるのでしょうから正確にいえば母親流です。
ダシは干し車海老と昆布、鶏のもも肉で取り、具に人参、椎茸、焼かない餅、彩りに三つ葉を加え、味は基本しょうゆ味です。
主人の実家とは同じ九州でありながら、お雑煮一つとっても全く違います。
所変わればで面白いですね。
DSC04502.jpg

そして実家の食卓風景。
2日だったので、お重には詰めていませんが、ぶりを芯に巻いた昆布巻き、さつまあげ、数の子などに加え、煮物椀には筑前煮など定番おせちが並んでいます。(手前のビールがやけに目だっていますが・・・)
DSC04505.jpg

明日は早くも鏡開き。
今年も良い年になることを願いながら、1年間頑張ろうと思う私です。

昨年のブログは完全‘食べ物ブログ’になってしまいましたので、今年はまたちょっと‘読み物ブログ’(そんなジャンルいつからあったっけ?って感じですね)を復活させられたらと思っています。
と書きつつ、のっけから食べ物ネタでしたね~。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。