2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
マルが教えてくれた事
娘念願のハムスターがうちの家族の仲間入りしたのは、一昨日のことでした。
オスのゴールデンハムスター、名前は‘マル’ちゃんと付けました。

飼育グッズは既に買い揃えていたので、家に帰るとすぐにケージの中へ。
すると物おじすることなく、活発に走り回ったり、エサを食べたり、回し車をすごいスピードで回したり・・・娘だけでなく、主人も私もあまりの可愛さに笑い、そして癒されました。

DSC04286.jpg

ところが元気の良かったのは一昨日の夜だけで、後はずっと寝ていました。
ハムスターは夜行性なので、昼間に寝ているのは当たり前なのですが、昨日の夕方からもエサと水を少し口にしただけで、夜中もひたすら寝ていました。
昨日はウンチの状態も普通ではなく、動きもとても鈍く、食欲もなかったので、今日娘が学校から帰ってきたら一緒に病院に連れて行こうと思っていた矢先のこと・・・

今日の昼間、私が4時間ほど外出して帰宅し、急いでケージの中をのぞくと、すでに息をしていないマルの姿がありました。

うちに来てから間もないあまりにも早すぎるお別れです。
私も、学校から帰った娘も共に泣きました。
原因が思いつかなかったので、一応買ったショップに聞いてみましたが、元々病気を持っていたのか、環境の変化からのストレスでなのか不明のままでした。

マルとはたった2日間の短い家族でした。

でも、生き物には必ず死が訪れる事、可愛がっていてもペットとは早かれ遅かれ悲しい別れの日が来る事、それと同時に命の尊さを改めて教えられました。

涙がなかなか止まらなかった娘の心にもきっと大事なものを残してくれたことでしょう。

短い間だったけど、小さな体で私達家族に色々な事を教えてくれたマルちゃん、ありがとうね


スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。