2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

タマ

Author:タマ
美味しい物と動物が大好きな主婦
夫と娘、ゴールデンレトリバー1匹にスコティッシュフォールド2匹と共に楽しく過ごす毎日
パン作りのブログは『M's Kitchen & Petit Lapain』にて更新中

プライム(♂):’11.3.25生まれ
チョコ(♂)&タマチャン(♂):’11.9.29生まれ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
定期検診の結果
先月末で3歳を迎えたチョコタマ兄弟、誕生日を機に定期検診に行って来ました。
これって3歳児検診?いやいや、これはヒトの場合だから違いますね(*^_^*)

まずは体重・・・タマチャンが4.4Kg、チョコが5.5Kg・・・半年前に比べると、タマチャンが+0.1Kg、チョコが+0.2Kgの変化です。
体もがっしりしてきたし、まあそのくらいの増加だったら大丈夫かなと思いますが・・
これ以上、2匹の差が開かないことを願います(*^_^*)


今回の検診で一番気になっていたは、2匹の心臓に異常がないかということでした。
というのも、チョコタマが産まれる半年前に産まれた兄姉猫が近所に住んでいるのですが、最近になって姉に心臓肥大の疑いが出てきたのです。
兄猫にも生後半年の時に心臓肥大がみつかっていました。
その兄姉達は、普段とても元気そうなのですが、毎日のお薬は欠かせないそうです。
だから、もしかしたらチョコタマも?と心配していたのですが、今回の検診では心臓に雑音はないということで、とりあえず安心しました。
ただ、獣医師の先生からは兄姉猫にそういう子がいるのなら、可能性は高いので半年~1年に1回は診せに来てくださいと言われました。

あとは、便検査の結果で・・・寄生虫や細菌は見つからなかったものの、タマチャンの便に、ほぼ毛玉状の箇所があったそうなのです。
思うに、タマチャンはチョコよりもよく毛のお手入れをすることと、プライムのケージの中のお皿の、プラの毛が結構浮いている水をよく飲みに行くのが原因だと思われます。
先生に寄ると、飲み込んだ毛が便に出てくる分には大丈夫だけど、胃や腸に詰まりすぎると、便が出なくなったり食欲がなくなったり、ごはんを食べても吐いてしまったりするそうです。

そこで処方された薬が『ラキサトーン』です。
主成分は白色ワセリンや流動パラフィンで、よく軟膏や化粧品にも使われてるものなのですが、この薬の効果としては、お腹の中の毛をまとめて便として排出しやすくするのだそうです。
薬はゆるめのクリーム状になっていて、用法・用量は、初回だけ2~3日続けて指先1~2cmほどの量を、以降は週に2、3回食べさせたら良いという簡単なものです。

ただ、味もコーンシロップが入っているため、メープルシロップのような甘~い香りがして美味しそうなのに、タマチャンは好みじゃないようで、指先の薬をなかなか舐めてくれないのです(>_<)
投与方法として、指にとって口に入れるか、鼻の頭や前肢の先に塗るなどにして舐めさせても良いと書かれていたので試してみたのですが、タマチャンの手に付けたとたん、変なものが付いたと勘違いして、嫌がって走り回るので、舐めさせるのも一苦労でした。
でも毛玉で体調崩してはいけないので、ちょっとずつでも舐めさせてみようと思います。


他には血液検査もと考えていましたが、先生から「採血のストレスを考えると、今はまだしなくても良いと思う」と言われたので、しませんでした。

また、フィラリア薬の投与の必要性についても訊ねてみました。
先生のお答えは、「猫は犬と違ってフィラリアで死ぬ症例はほとんどなく、ここ10年、猫に処方したことはありません」と言われので、投与はしないことに決めました。
獣医さんの考え方も様々だと思いますが、皆さんのご参考にもなればと思います。

これからも心臓と、体重管理に気を付けながら(特にチョコね)、2匹がいつまでも元気で過ごせるように見ててやりたいと思う母です。



ポチして頂けたら更新の励みになりますo(^▽^)o
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ありがとうございますm(_ _)m



スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
チョコタマちゃん、大きなトラブルが無くて良かったですね〜♪
チョコタマちゃんもタマさんも、通院ご苦労さまでした!
しかし、相変わらずの体重差w (* ̄m ̄)

気になる心臓肥大…確かに血筋で出てるのは心配ですね…。
まだ3歳ですが、加齢によってリスクも高まってくると思うので…。
チョコタマちゃん、定期健診は欠かせないね!頑張ってね!
血液検査もこれからは1年に1度くらいはした方が良さそうですよね。
ヒトだって年1の健康診断は必須ですものね〜。
何もないに越した事はない!
…けど、通院のストレスも心配だしw
悩ましいですね〜。(´・ω・`;)

うちの朔丸も、毛玉は便から排出するタイプのようで、
これまでの4年間で毛玉を吐き出したのは1,2回しかありません。
特別なケアは今のトコロ必要無いと言われていますが…。
ラキサトーンは好き嫌いが激しいそうですものね!
毛玉ケアのフードなども視野に入れてみれば良いかもですね。
楽しく元気にシニア世代を迎えられるように、
飼い主が出来る事は全てやってあげたいな♪
だけど、おネコ様は『こだわり』を持つ生き物なので、
何かと大変ですよねw ( ̄▽ ̄;)

とにかく、まずは大きなトラブルが無くて良かった良かった♪
チョコタマちゃん、これからも健康で楽しいしっぽライフを送ろうね♪


どるさくさんへ
労いのお言葉、ありがとうございます。
今回は一応‘異常’というものはなかったのでホッとしていますが
スコは本当に心臓肥大が多いみたいなので、体重管理も予防の
うちかなと思っています。

タマチャンの飲み込んだ毛玉ですが、口から吐いたことは一度もない
ので、やはり便で出すようにしてやらなきゃと思います。

でも食い意地の張ったチョコは、薬であってもペロペロ舐めるのですが
タマチャンは用心深い性格もあって、今日も寝てる最中に口元に薬を
付けたとたん飛び起きてしまって・・・
一応付けたものは舐めきるのですが、その時に体中を舐め回すので
余計に毛を食べてそうで逆効果?とも思ったりして(´д`)

どるさくさんからアドバイス頂いたように、猫達も早くもそろそろ中年に
さしかかるし、来年からは血液検査も受けさせてみますね。

犬猫の健康管理はホント飼い主次第ですもんね。
ずっと元気でいてもらえるように母も頑張ります!


確かに家族の一員が病気になったら悲しいですよね(>_<)
その為にやはり誕生日や予防接種などで診てもらうのは安心でもあるし、何よりこの子達が健やかで一緒に暮らしていけるのが私達の幸せなんですよね♡
それにしてもタマちゃんとチョコちゃんの目で比べる差が1.1kgになっちゃったか〜〜(^_^;)モカも計ってみよう⁉︎


tomoちゃんへ
ホント猫達の健康のために検診など母が頑張らなきゃだね。
心臓も心配だけど、兄弟みんな、ず~っと元気でいてくれたらいいね♪

さて、モカちゃんの体重どうなってるかな?
チョコには負ける気がするよ(^_^;)
チョコはこれから太り過ぎ要注意です(*^_^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。